2017年02月28日

2017年02月27日 のTweet


















posted by フラ at 09:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

2017年02月24日 のTweet
























posted by フラ at 09:01| 愛知 ☀| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

2017年02月23日 のTweet


posted by フラ at 09:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

2017年02月22日 のTweet


posted by フラ at 09:01| 愛知 ☔| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

2017年02月19日 のTweet


posted by フラ at 09:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

2017年02月18日 のTweet




posted by フラ at 09:01| 愛知 ☀| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

2017年02月17日 のTweet


posted by フラ at 09:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

2017年02月14日 のTweet


posted by フラ at 09:01| 愛知 ☀| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

2017年02月13日 のTweet




posted by フラ at 09:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

2017年02月12日 のTweet




posted by フラ at 09:01| 愛知 ☀| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

2017年02月09日 のTweet




posted by フラ at 09:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

2017年02月08日 のTweet




posted by フラ at 09:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

2017年02月06日 のTweet




posted by フラ at 09:01| 愛知 ☀| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

摺り脚映画大賞 2016


 こんにちわ。“摺り脚 映画大賞 2016”の発表です。

 遅くなったんで説明しますが、僕が16年に映画館で見た新作映画のランキングです。2016年はあんまり映画観なかったんで、これをやるのは躊躇するところでもあるんですが、まぁ一年のまとめということで遅ればせながら。

 16年は計38本、例によってタイトルの後にDVDの発売日を入れてあります。レンタルなどの参考にしていただければ、これ幸い。


1位 コップ・カー(発売中)




 まとめるとマッドマックス並みに無駄が無い話運びプラス、くだらないギャグにはしっかり時間を割くという。バカバカしいし変な映画なんだけど、最後には熱い気持ちにさせて終わらせてくれる、最高の映画でした。

2位 FAKE(3月2日



 「豆乳、大好きっ!」、これだけでこの映画が信用できる。ドキュメンタリーというよりは現代版“水曜スペシャル”。とにかく楽しかった!

3位 ブルックリン(発売中)



 ニックホーンビィの作品は、主人公が女子だろうとやはりそれはそれで、やはり“俺たちの映画”でした。画面の美しさや場面場面で印象的に衣装が変わるのも素晴らしかった。
 そしてまた、ここにもゲロ映画の傑作が。。。

4位 クリード チャンプを継ぐ男(発売中)



 言わずもがな、という感じではあるけど。コレのせいでシリーズを見直して、そしてまたコレに戻って再度号泣。アマゾンプライムありがとうー!。
 ロッキー1作目から、例のタイトル曲の出しどころというのが毎回、そしてクリードにも受け継がれてるのがいいね。

5位 エクスマキナ(発売中)



 これはもう、途中のディスコダンスのシーンに限る!、題すれば“今年一番良かったシーンで賞”。作品そのものがつまらないわけじゃないけど。

6位 ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(???)



 ハリポタ映画って本当に観ないというか拒否してるところがあって、それでも見たくさせる予告編、そして観に行ったら予備知識抜きでも楽しい超娯楽作で。素直に楽しんでしまいました(ジョニデが出てくるまでは!)。
 まとめると、「誰でも楽しめる映画って本当に素晴らしいな。」と第6位。

7位 スタートレック BYOND(2月22日



 このところ流行の3部作ものの中で、これほど3作目として素晴らしい作品があったですかね?。三作のまとめとして良かっただけでなく、エンディングのウルトラクイズだけでなく旧TVシリーズへの気配りもすごいし。
 この作品は、観終わった時に「あー、これ追っといて良かったー。」と。大満足っ!(4作目あったらコロす!)

8位 シングストリート 未来へのうた(発売中)



 映画も素晴らしかったけど、ベストサントラ賞。40代のロック好きに向けた俺たち映画かと思いきや、それを飛び越えるおとぎ話として話を終わらせたところもこの映画の魅力でもある。
 この時代が舞台のイギリス映画にハズレなしっ!も再確認。

9位 オデッセイ(発売中)



 観る前は不安だったんですよ。マッドデーモンがインターステラーの“アレ”にしか思えなくって。。。期待もしてなかったというかそんなハードルの低さか?、この映画ってものすごく楽しいし勇気もらえるし素晴らしいな、と。
 思春期の少年たちに見せたくなる、良いメッセージの映画ですね。この後もテレビでやったら絶対見るタイプ

10位 ローグワン STARWARS STORY(???)



 EP7同様に単品では評価できないコレ。まぁ、悪いわけではないんだけど、コレがEP4〜6を超えるか?と聞かれればそうではないし。
 しかし、帝国軍の怖さなど、銀河帝国時代の空気をEP4以上にビンビンに感じることが出来たし、あとK2-SOの良さ。オーダー66以降に出てきた“戦うドロイド”が反乱軍だというのがいいじゃないですか(チョッパーもけっこう戦うか?)

11位 ストレイト・アウタ・コンプトン(発売中)



 最近ではジミヘンやJB、その前にもゲンズブールやポリスやレミーのドキュメンタリーとか。僕の好きなものも知らないものも、ロックの歴史を再勉強させてくれる映画にちょくちょく行くようにしてるんですが、それがどれも凄くいいんですよ。
 で、この映画の時代は僕はメタル少年ですから、完全に「ラップなんて聴かNEYO!」とかは言ってないんですが、年をとって聴く耳ができたというか、ヒップホップでもその他のものでも聴ける心の余裕が出来て。あらためて時代背景なんかも考慮しながら映画を観ましたが、音楽映画として最高でしたし、“成り上がりモノ”としてはブギーナイツっぽいところもあって、これ観終わった帰り道にレンタル行ってNWA借りてローテーションでした。

12位 この世界の片隅に(???)
13位 君の名は。(???)


 君の名のほう、最近はこの世界...の評価のせいか、世間がバランス取ろうとしてませんか?、若干落とす方向の声も聞こえてきますが、どっちも最高でしたよ。同じ時期で日本製のアニメというだけで、ジャンルが違い過ぎることに言及したい。
きっと映画なんか観ない人の声なんでしょうけどねぇ。

14位 レヴェナント 蘇りし者(発売中)
15位 健さん(???)
16位 エンド・オブ・キングダム(発売中)
17位 シン・ゴジラ(3月22日
18位 XMEN:アポカリプス(発売中)


 シンゴジラ、これは見た瞬間『すごいドラッグムービーだなぁ。』で、なおかつよく出来た“エヴァンゲリオンがいなエヴァ実写版”、もしくはウルトラマンがいない科特隊実写版”と思ったし良かったんですが。ただ、感想の中にゴジラ要素が入ってないんですよね。これ、もっとマイナーな怪獣引っ張り出してくるとか、またオリジナルの怪獣でも良かったかな?と。
 いいもんゴジラ世代の妬み僻みか???

 X−MENもスタートレックと似た感想で、FC以降の三部作のまとめとしてよく出来てましたね。いまどきアメコミ映画のハシリとしてこのシリーズは甘めに見るところもあって、世間の評価に比べて僕は良かったなぁ。満足して映画館を出たのを思い出します。

19位 AMY(発売中)
20位 永い言い訳(???)
21位 怒り(???)
22位 マネーショート(発売中)
23位 ルーム(発売中)
24位 シビル・ウォー・キャプテンアメリカ(発売中)
25位 ズートピア(発売中)
26位 ファインディング・ドリー(発売中)
27位 ゴーストバスターズ(発売中)
28位 手紙は覚えている(???)
29位 ドント・ブリーズ(???)


 ここら辺は普通・・・というか、期待以上ではなく期待以下でもなかったというか。エイミーも勉強できる音楽映画として楽しかったのはそうなんですが。

 シビルウォーだけは、よくやったらベスト3確実なはずだったけど、やはり良くなかったといわざる得ない。・・・という原作コミックウィンターソルジャー至上主義者。

30位 リリーのすべて(発売中)
31位 SCOOP!(???)
32位 ザ・ウォーク(発売中)
33位 デッドプール(発売中)
34位 バットマンvsスーパーマン(発売中)
35位 スーサイド・スクワッド(発売中)
36位 エージェント・ウルトラ(発売中)


 で、その他アメコミ映画の不作が続く2016。デップーももっとやれたはずで、これは第二段、いや他のシリーズに顔出してこそのデップーですよ。他作品のリアリティラインの中でどこまでこれがやれるのか?にこそ期待してしまう。しかしネガソニックは良かったなぁ。BvSはワンダーウーマン単品の予告編だと思いましょう。
 けして観てイヤだったわけではないんです。まだまだアメコミ映画は追い続けます。みんながんばれ。

 本当にイヤだったのは、以下の二本です。。。



37位 湯を沸かすほどの熱い愛(???)

 これは思い出すだけで本当に気持ち悪い。試写会で観たからあんま悪口言うべきじゃないのかもしれないけど、生理的な嫌悪感。この映画が好きという人とは生涯映画の話があわない自信あるわぁ。
 オチの部分の気持ち悪さ(気色悪さ)だけでなく、ところどころの過剰すぎる子供の演技もイヤだったなぁ。

 本当にこれが大好きな人には申し訳ないけど。


38位 ジャックリーチャーNEVER GO BACK(???)

 あえて言おう!・・・とでも言いたくなるジャックリーチャー続編。1作目のことをみんなが大好きな理由というのがまるで作ってる側がわかってないというか、これがシリーズ4作目なら僕は許したかもしれない。
 次の作品に期待したいところだけど、ダイハード化しないか?と心配。世界を救うトムはイーサンハントだけでいいよ。


 ・・・ということで放言してみました。お耳汚し失礼。

 タマフル聴いたり、その他で今年は邦画が良かったという話が沢山聞こえてきたんですが、そのほとんどを見逃してしまうという失態(ここが今年映画ランクを躊躇する最大の理由)のせいでまったく説得力がないのは重々承知の助。

 あと、同じ映画を何度も観に行くというのが多かったのが今年の特徴でした。


 ということで、2017年もがんばって駆け抜けたいな?と(もちろん摺り脚で)。よろしくお願いします。

 では、またです。

posted by フラ at 14:08| 愛知 ☀| Comment(0) | エーガ館イカン(!?) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

2017年02月01日 のTweet




posted by フラ at 09:01| 愛知 ☀| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

2017年01月31日 のTweet




posted by フラ at 09:01| 愛知 ☀| Comment(0) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする