2014年01月23日

2014年01月22日 のTweet


posted by フラ at 09:01| 愛知 ☀| Comment(2) | 摺りッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
観てきましたよ♪「ソウルガールズ」!


まずクリス・オダウドの歌唱力にびっくり(@ ̄□ ̄@;)
ブロードウェイに立てます!
35歳と若いのにすごい!
アイルランド人なのに!
本当に血が“ブラック”かも!
知らない俳優だったので、今後期待大!
フラさんのおっしゃる通り、最初のピアノ引きつつリハするシーンは血が沸き立ちました。


女の子たちもグッジョブですが、私は「バックコーラスの歌姫たち」を先に観てしまったせいか、パンチが足りないなと思っちゃいました。(選曲はガチで好みでした*)


アボリジニの差別問題に関して、もう一度「裸足の1500マイル」見直そうと思いました。


最後に、結局“カントリー”に戻ったことが少し残念でした。
よかったんだけど、誰かが待ってる“カントリー”があっていいなとゆー私の勝ってな羨望感で。私なら間違いなくオーストラリアを抜け出したい。

長々とすんませんでした_(._.)_

Posted by ウパルパ at 2014年01月24日 01:48
あー、そうですねぇ『裸足の1500マイル』、それは思い出せなかった。あれをサイドストーリーと思って、従姉妹のケイの物語と思って関連付けるとさらに面白いですね。
事実を元にした歴史ものはフィクションもノンフィクションもまとめて、テーマを決めて何本か観ると記憶にグッと残りますよねぇ。楽しいです。

『バックコーラス…』は、それこそ技術的にも頂点付近の話なんで、一緒に見るなら後の方が効果的デスね。dwも、後から見た僕も、2本見た後ではサファイヤズでは物足りなく思いましたよ。
あと、書き忘れたけど、『バックコーラス…』は、一部分だけ『THIS IS IT』のサイドストーリーというか続編になってて、そこもオマケ的に嬉しかったとこですね。

Posted by フラ at 2014年01月24日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]