2009年02月19日

くやしいでっす!!

 

IMG_9628.jpg



 iPod買いました。これがない生活が1週間を超え我慢の限界、いや、このあと遠方の出張で大きな移動時間があるので、その時間の恐怖っていうか。中毒症状ですね、はい認めます。


 120GのiPod Classicっての。今のは、第6世代にあたると思うんですが、もう6G(Generation)とかいわないんすね。このところ、そういう情報すっかり仕入れてなかったんでものすごくわかんなくなってました。

 ちょっと前に奥さん用にiPod Nanoを買ったので(今の前の型)、それなりに今時のiPod体験済みでしたが、それにしてもなんだかすごいなぁって感じで。
 カバーフローとか、12000曲くらい入れてるのに反応そこそこ早いし、曲表示でもジャケットがちょっと斜めになってて、さらに床にあたるとこに影みたいのついたりして(こんなんいらんけど)。グラフィックの性能がここまで出来るんだったらiPhoneのみならず、ワンセグチューナーとか出ても使えそうです。(“たのみこむ”にはもう上がってるのね。)
 外装の色目が白くなくなっちゃったというのと、ポッドキャストがいちいち止まらず続けて再生させちゃうってのに、いまのところ違和感があるけど、それ以外ホントに快適。

 なによりも値段ですよねぇ。この前世代では80Gと160Gの2ラインナップだったやつが現行から120Gのみの1ラインナップ。
 容量がちょっと下がったというのは寂しくもありますが、それにしても120ギガ。小さいほうの80ギガのグレードが上がったと思えば安いほうにあたるのでしょうけど、29800円で120Gとか、僕が最初に買った2004年段階で第4世代、デカイほうが40ギガで小さいほうは20ギガ。
 そのデカイほうで45000円くらい払ったと思うけど、今はそれの容量3倍で値段は2/3。もうわけわかんない。
 とりあえず、容量が大幅に増えたので、iTunesのチェックボックス外してたのを大幅に減らせるので、ちょっとうれしいなぁ。



 いやいや、3万円もの出費、痛いすぎなんだけど、あんま思い出したくないんで出来るだけ楽しい方向へ考えようと思ってねぇ。。。








IMG_9630.jpg



 ケースは悔しいので、以前愛用のと同じ型・同じ色のClassic用を買いました。









 
posted by フラ at 12:21| 🌁| Comment(0) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

あちゃ〜〜〜

 

 ・・・って、ブルース・リーのほうのじゃなくって。




 ほら、冷蔵庫から色々出して手一杯、生卵は恐いからポケットに入れて、両手がふさがってるから冷蔵庫のドアをお腹のあたりを使って閉めたときの「ぐちゃ。。。」

 あと、そのポケットには実は携帯入ってました(嫁の実話)・・・の時の「あちゃ〜〜〜」。






 実は、3日前から愛用のiPodが行方不明でして。



 最後に触ったのは、仕事中の車の中。そこから降ろしたかどうか?というところから記憶があいまいで。
 その日の帰り道・・・


 「あ、iPodないや。社用車の中に忘れたかな・・・?」



 というところに始まり、



 「今日はまぁいいや、ずいぶん家の近くまで来ちゃったし、明日の朝回収しよう。」



 ・・・が運命の分かれ道。







 翌朝、定時前に使った車を見に行ってみると、そこにはない。






 いや、そこに忘れたかどうか?、があやふやで。


 いつもしていること、として気にもせずそのまま車から降ろしてどこかに置き忘れたかもしれないし、なにか他のことかもしれない。
 車に忘れたとして、盗難された可能性というのもないわけじゃないけど、たまたま置き忘れた日にピンポイントで僕が乗った車だけ車上荒しがあったというのもねぇ・・・すごい確率だし。


 車は施錠したつもりがあったし(実際翌朝の確認のときはキーレスで開けてしまったので、100%確認できていない。)、カギが壊された形跡もない。

 

 その後、会社の中を探し回って、人にも聞きマクって。それでも見つからず、今日で3日目。






 「フラさん、○○課のハイエース知らない?カギはあるんだけど・・・???」







 「いや、知らないけど、ないの? いつから???」







 「3日前。」










IMG_9262.jpg サクラノホッペガ...


 「えっ?!」










 すごい確率があったのか、なかったのか???




 盗難車両ランキングトップのハイエース、会社の車が夜中に盗難にあいました。
 もちろん盗まれたのは僕が乗っていた車ではないけど、駐車場に並んでいたうちの一台で同じタイプのハイエース。


 しかし、iPodを車に置き忘れたかどうか?わからないし、他のどこかに置き忘れたにしても、僕が乗っていた車は鍵穴が壊されているわけでもないし、それらしい痕跡もなし。

 しかし、現実としてその晩に置き忘れた(と思う)iPodがなくなっている。





 ・・・とりあえずこの2日、探すだけ探して待ち状態になって、それでもってこの事件発覚。









 んー、どう考えようとなんらかの結論に行き着かないのがむずがゆい。







 出てこなければiPodは必要なので、あらたに買うことになるんだけど、簡単にあきらめるには被害額大きすぎるし。







 どのタイミングであきらめるか?、それともあきらめないか???



 




 ・・・






 ・・







 ・






 年が明けてから、車がパンクしたり頭ぶつけたり、モノの紛失も実はこれで2度目。
 イイコトが続かないというか、認めたくはないけど幸先悪いイメージ。


 
 なにかおもいっきり逆ベクトルの楽しいことでもしてふっきりたいところです。。。





 なんか考えよっと。(なるべくお金かからないことで。)






 









 

 
posted by フラ at 14:46| 🌁| Comment(2) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

...Pounding out aggression! turns into obsession! cannot kill the Battery!!!!!

 

・・・バテリ〜〜〜〜!ィャァ! バ、ッ、テ、 リィ、ィャァ!!!

 

 というわけで、メタリカのモノマネから始まりました。

 それとは別に、最近「どーよのテルさんがやるデニーロのモノマネ」 をふざけて真似してたら、友人に「けっこういい線いってる」 と言われ、さらに調子に乗って練習中の摺り脚です。 窓ガラスに写る自分を見ながら練習するので、 外から気づいた人にはキチガイ扱いされているに違いありません。

 

 本題・・・。

 

 バッテリーといえば、iPodなんですが。 今朝移動中にまたまた突然のフリーズ。

 会社について、リセットをかけます・・・

 

DSC01787

 ここまではいつもどおり。 が、

 

 ・・・

 

 ・・

 

 ・

 

DSC01786

 Sad Bad True....

 

 サッ、バッ、トロゥゥゥゥ〜〜〜ゥゥゥォォォ〜〜〜ィャァ!!

 

 ・・・もういいですね、失礼しました。w

 

 なんとかディスクモードに入ってくれれば復活するのはもうわかっているので、あれこれ刺激を与えてみます。

 

 

 PCに接続することに。 

 プラグを繋いだら・・・

 

DSC01782

 なんと、この表示のままフリーズしました・・・。

 

 ・・・

 

 ・・

 

 ・

 

 


 

 年末からだましだまし使ってきて、これまではリセットやら復元でなんとか逃げ切ってきましたが。。。

 そろそろだめかなぁ・・・。(珍しく大事に使ってたんだけどなぁ。)

 

 おそらく最後の曲になったのは、ビースティーズの 「Sabotage」。 僕にとっては、朝イチで元気を出すときのテーマソングです。  

 

 .....................

 ♪Listen All Of Y'all It's A Sabotage...

 ♪Listen All Of Y'all It's A Sabotage...

 ♪Listen All Of Y'all It's A Sabotage...

 ♪Listen All Of Y'all It's A Sabotage...

♪Listen All Of Y'all It's A Sabotage!

 

 

 ・・・と、こんな風に元気も出てくるンですが。

 

 それにしても壊れる切っ掛けが、“Sabotage” だって。w  

 

 

posted by フラ at 17:23| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

Sad but true

 秋まっさかり。 紅葉を見にいきました。

DSC01241

 

 「紅葉」ってなんだか今年はやたらと流行ってませんか?

 今年はやたらと身の周りで紅葉話が多いし、テレビを見てもそんな番組が目立ちます。

 

 

 毎年どこかに見に行くけど、実は僕のなかには 「赤いモミジが綺麗だ。」 とかっていう感覚はあんまりなくって。

 時として、誰か女の子と一日過ごすための後付けな理由だったり。

 どっちかというと、あの赤くて小さな葉っぱのカタマリというアイコンに触れることで、「秋」っていうスイッチが入るというか・・・ 五感が秋を感じ出すみたいな。

 毎年続けてればこそ、の感覚になりに行くわけです。

 

 

 

 さて、せっかくのお出かけ。 そんなときに限って、

 

 

 

 

 iPodが壊れます。。。

 

 

 

 

 紅葉前日にいきなり「Sad iPod」です。 思えば、ゴールデンウィーク前にも壊れたし、お盆休み前にも壊れた。  連休があってどこかに出かけようとするとイカレてくれる、ナイスなキチガイ坊やです。

 

 

 

 前回の新品交換から3ヶ月強。。。

 

 復元かけて、すべてのファイルを入れなおしたり(40ギガ入れ替えるのに3時間強かかるんだよね。)、 またはしばらく放置しておくだけでいつのまにか治ったりするのだけど。

 

 どこかおかしい部分が治るわけでもなく。 またまた、ダマシダマシです。(パターンだと、あと2週間くらいで言うこと聞かなくなるな。)

 

 

 

 んー、めちゃくちゃストレス。

 

 

 「自分の使い方には、HDDプレイヤーは向いてないのかしら?」 

 

 なんて、iPod卒業まで考えてしまいます。。。

 

 

 

 運が悪いのか?(にしてもほどがあるけど。)

 

 

 

 それとも、おれがだめなのか?

 

 

 

 

 「5G買え!」ってことなのか?(でも、猫飼いたいからお金はとっておきたいし・・・。)

 

 

 

 

 

 

 そんな秋まっさかり。

 

 

 

posted by フラ at 09:02| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

iPod 帰還!

 再々再度修理に出したiPod。 かえってきました。 かえってきたというか、新品だけどね。(うちの子じゅないっ!!w)。  これで4代目です。

DSC00355

 今回は早い対応でした。 送ったのが8月3日で帰ってきたのが11日。約一週間でした。

 その間、修理状況を見ようとしてもページにログインできず悩まされたり、たまにログインできても『オーダー作成済み』・・・。  なにやってんだか・・・って相変わらずな感じでした。

 しかしそれよりも、修理依頼した日が保障期間(一年)を越えていたので、金額的な請求があるのかも・・・? とちょっと心配してました。

 

 でも大丈夫だった(もし請求書でもきたらゴルァ!ですよ。。。) 

 

 前回(7月)送りつけたのは、先方で不具合が確認できずにそのまま返品。 その前に修理出したのは5月(そのときは新品に。)。

 アップルは修理後90日補償っていうのをやってるみたいなんで、どっちにしろその枠に収ったみたい。 よかった・・・。

 

 もう今後は補償期間から外れるので(90日以内に壊すか?)、大事に使わせていただきます。。。  wavも入れないしシークもできるだけ触らないようにします・・・。 長尺モノも基本的にやめときます・・・。(子供科学相談はAACにして、 シャッフルに仕事させます。。。)

 

 

 と言うことで、帰還記念に(?)ミュージックカードを買いました。 様子見もあるので、2500円のやつ。

DSC00351

 

 ペロっとめくると、スクラッチ部分が出てくるので、削ります。

DSC00353

 

 iTunes上で その番号を打ち込みログインすると、右上のところに使える金額が出ます。

ms ←ちょっと使った後

 

 

 

 とりあえず、記念すべき一曲目ですが・・・

 

ゴッドファーザー 〜愛のテーマ〜   尾崎紀世彦

New Best_ 尾崎紀世彦 (ポップス・バラード編) カッチョイイワ・・・

 ♪ひーろい、世界の片隅に〜

 

 

2曲目。

Jodan Jodan  海援隊

12の風景 ノリノリダナ、オイ・・・

 ♪J!、O!、D!・・・、AN!

 

 

3曲目

ネバー エンディング・ ストーリーのテーマ  羽賀健二

Big Artist Best Collection 羽賀健二  ダッッサ・・・

 ♪よ〜、せよー、強がりは〜〜ああ、おーれの前で〜

 

 

 

 以上。

 出来心でやった。今は反省している。。。

 ていうか、欲しかったんです・・・(チョイスがだうなのさ?、おれ。)。 レンタルでもなかなか見かけなかったんで、ついついね。 w

 

 今頃、サマソニは盛り上がってるんでしょうなぁ・・・。いいなぁ・・・・。

 

posted by フラ at 11:01| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

Sad iPod

 恒例のiPodの故障です・・・

 

 

 5月に新品交換されて7月に一度おかしくなり、それでもダマシダマシ使ってきたのですが・・・

DSC00225

 ついに出ました。Sad iPod。

 

 

 車で移動中、『夏休み子供科学相談』を聴いてたらいきなりフリーズ。 そしてその度にリセットをかける事数回。

  家に帰って復元かけようにもPC反応せず。ディスクモードにしようにもまったくダメ。 以降、うんともすんともいいません。

 子供科学相談はwavで長尺だったのが悪いのか(いや、悪かないでしょ? HDDに負担になるとは思うけど。)。ニントモカントモ・・・ 。

 

 

 Sadマークは珍しいらしいので、いちお記念撮影。

DSC00226 

DSC00227

DSC00228

 

 ちなみにこのマーク。 “深刻な問題が発生しました。” って意味らしいです。

 

 

 

 ぼくにとって問題は、このマークが保障期限の一年を数日過ぎた日にでてしまったことでしょう。。。

 

 

 またモメるかなぁ・・・。

 

 

posted by フラ at 09:30| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

また壊れたビョン

 そろそろiPodを買ってから一年ですが、また壊れました。 これで3度目。 もうすぐ保障期間も切れるので  「最後にもう一回壊れとくか?」 といった感じです。。。。。。

 

 

 今回の症状は、 「演奏中にフリーズ」、「iTunesで認識できない。」 と相変わらずな症状で、 原因はHDDの一部が欠けちゃってるせいだと思われます。

 むかつくのはいやなんで電話もせずWebで修理登録して、そそくさと千葉に送りました。  7月4日の夜にコンビニから出したので昨日あたり届いてるはずですが、いつ帰ってくるやら・・・。

 

DSC00001

 出張もタノシカッタノニ・・・

 

DSC00102

 これだとちと寂しい。。。

 

 

 ぼくのiPodは修理のたびに新品交換されてきたので、通算3台が平均4ヶ月に1台壊れています。 

 ちなみに今回壊れたこの3台目だけでいえば、壊れるまで2ヶ月以内。 もっといや、iPod  Shaffle と併用で使ってきたので、使用期間以上に使用頻度は低いはずだったのですが・・・。

 

 

 壊れすぎ・・・っていうか、なんか耐久性なさすぎじゃないかい? おれのだけこんなに壊れるのかしら? 使いすぎ? (一日2時間くらいだけど・・・。)

 

 それとも最近エレカシばっか鳴らしてたのが悪かったのかな・・・。 あ、なーるほど。 w

 

 

posted by フラ at 17:06| 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

やっぱ愚痴りますよ、そりゃ。

 もうゴールデンウィークだしさぁ。

 

 休みも少しはあるし、たまには出るでもないお出かけもしたくなったりするわけですよ。

 そうなるとね、長時間のドライブじゃ、やっぱシャッフルだけでは心細いしさ。

 

 

 現状、Webの修理状況を見るとね、

 

   4/22  オーダー作成済み

 

 こんな感じで止まってます。。。

 

 

 電話しても腹立つのが目に見えてるから絶対しないけどさ。

 

 「意味がわからなきゃ、表示してもしょうがないだろがぁ〜。」

 

 ・・・なんてね、思うわけですよ。

 前回修理出したときは1週間くらいで帰ってきたのになぁ・・・。

posted by フラ at 11:26| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

IPod shaffle 買った。

 うちにある iPod 4G。 去年の7月に4Gにモデルチェンジ後すぐに買った。

 そのiPod。 また壊れた。

 

 でも、今度はもう苦虫は噛まない。

 さっそくリペアセンターに強制送還。。。

 

 実は、一度新品交換してもらって以降も、故障ではないけど度々おかしくて、リセットしたり復元したり、リセットしたり復元したり・・・。

 そんなこと週に一回はなにかとしていた。 でも、フリーズするはカチカチ言い出すわ。。。

 

 

 僕のiPodには、容量ほぼ満タンで8900曲くらいが常に転送されてる。 通常、 その8900曲を全曲シャッフルモードで車で再生する。 40GのHDDの端から端まで行ったり来たり。。。 そして、 流れてきた曲は気分次第で聴きたくなければ速攻次の曲に。。。(だって、完奏すると再生回数がカウントされちゃうんで。  自分Top100のプレイリストをたまにチェックするのがタマラン楽しい・・・。)

 

 そんな使い方がちょっと乱暴なのか? だめなのか? ちょっと調子悪くなりすぎ・・・。

 でも、そんな風に使うのが楽しいんだよね。

 

 ドラム&ベース → 演歌 → ギターポップ  ホーミー → デスメタル・ ・・

 

 次にどんな曲がくるかわからない。 iPod&iTunesってそんな鬼DJぶりが魅力なのに、「オレの使い方ってだめなのか?」、 「乱暴に使ってるということになっちゃうのかなぁ・・・」 なんて気にもなったりして。

 

 ということで、iPod 4G の保障期間もそろそろ切れそうだし(AppleCare入るか?)、 今後は壊れたからといって林檎屋に送りつければ簡単に新品が帰ってくることもなくなるわけで。 大事に使わなきゃいけないし。 それに、 修理に出している間、くやしいけどiPodがないとさみしいじゃねぇか!!

 

 

 ということで、

 

 iPod shaffle 1G 購入。

 

 名前からして 「shaffle」 だし、林檎屋のモクロミからして、僕の使い方には相応しそうでない?

 HDDではなくシリコンプレイヤーだしね。そう簡単にゃ壊れないでしょう。。。(?)

 

 とりあえずしばらく使ってみて、何かしらココに書けることあればまた。。。

 

 

 

 正直、ちょっと金銭的に6月までは限界な時期だったんだけど、こういうのは勢いです!!。

 しばらくは発泡酒ですら控え、パックの焼酎と納豆で生きます。。。

posted by フラ at 12:36| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

iPod が壊れました。その4

iPod が壊れました。その1

iPod が壊れました。その2

iPod が壊れました。その3

 

 iPodを会社のゴミ箱あさって集めたエアパックの端切れやら小さな段ボール箱に梱包した。 その辺のことは仕事で慣れているので200パーセントの厳重な梱包を施すこともわけない。

 そして、するべき手続きは全てした。 web上での修理申し込みには、○ニグチに言いそびれたことを残らず書く。 

 登録が終わると、

 

 “修理依頼を受け付けました。あなたの修理依頼ナンバーは、「ほにゃらら」です。”

 

 と出る。 メールにも同様の着信があって、同じようなことが書いてある。

 もらったメールを読んで、最後のほうにあった「修理状況の確認」 のとこを早速見る。 当然なにも起こってないはずだけど、見たいから見る。 今の状況は・・・

 

 “修理依頼を受付ました。”

 

 見たいな感じだった。当たり前だけど。

 そして、出来た荷物着払いで千葉にあるリペアセンターへ出す。 その日は金曜だったので、土日はなにも動かないだろうことは想像通り。 月曜には何かわかるかな? なんて期待しながら月曜になる。

 

 ・・・

 

 月曜の夜、修理状況になにも変化はない。 ま、焦らない、焦らない・・・。

 

 ・・・

 

 火曜になる。 夕方、修理状況をチェックする。

 “現象確認”

 お、なんか変わってる、現象確認に。

 ・・・んー、それだけ?

 こちらが訴えた悪い方の現象を確認したのだろうか? それとも壊れていなくて普通に動く現象を確認したのだろうか? わからない。。。

 まぁ、それでも気長に待つ。 明日には何か他のことが書いてあるかもしれない。

 

 ・・・

 

 水曜。 仕事でその日は静岡まで行かなくてはいけない。 片道3時間、日帰りで往復6時間を独り車で過ごす。

 僕のiPod依存率は自分が思っているよりも大きかったようだ。 ラジオだけではそのドライブは窮屈だった。 ずいぶん昔に買ったCDウォークマンをタンスの奥から出してきて、その日の出張にCD数枚と同行させた。 

 古いCDウォークマンは音飛び防止機能なんてない。 東名高速のちょっとした段差でも音楽は中断しまくる3時間。 一日外出で修理状況はチェック出来ず終いだし、ちょっとイライラする。

 仕事が無事に終わったのは21時前。 家にこのまま帰っても24時位にはなる。 仕事がうまくいかなかったのもあって、勢いでCDプレイヤーを買うことにした。それも帰り道3時間のためだけに。 もったいないけど、そのときはそうしないと気がすまなかった。 今時、そんなに選り好みしなければCDプレイヤーくらい数千円で買えるだろう・・・というのもあったし。

 そして、Fisher というどこだかわからないブリスターに入った安物を買った。

 市販の乾電池で動くし音飛びガードが入っている。 今欲しい条件をクリアした上で、3800円くらいだった。 FMトランスミッターを繋げて車で聴くのだ。

 しかし、このFisher。 舐めていたが凄い。 帰り道の東名ではまったく音が飛ばない。 音質もコレまでのものと明らかに違う。 前のは3万位だしたはずだったが・・・。  CDの技術なんて、行くトコまでいってしまったのだろう、こんな安物でも技術の出し惜しみのなさを感じる。 「どんなに素晴らしくったって、使い尽くされた技術なんてゴミなんだろうな・・・」 と想像する。

 そして、もう一個素晴らしいのは・・・

 LINE OUT が付いている!。 当然、ヘッドフォンジャックとは別に。

 

 今時、そんな発想は国内のメーカーはしない。 なんでも付いててお得な感じを出すアジア系海外製品ならではの発想だ。  今日の僕にはうれしい部分。

 そして、帰り道ちょっとだけ気分良くドライブした。

 

 ・・・

 

 木曜日。 その日は20時過ぎには家に帰った。

 不在配達届けが目の前に。

 どうやら、iPodが帰ってきたらしい。

 運送屋にとりに行く前に、修理状況をチェックする。

 

 “発送しました”

 

 たしかに発送されてて、どうも届いているっぽいけど。。。。

 

 “現象確認” から、いきなり “発送しました” だ。

 

 「壊れてなくてもそのまま返す」 というタニ○チの言葉がよぎる。 どうなったのだろうか? 気になって仕方なくて、さっそく受け取りに行くことにする。

 ・・・

 運送屋で段ボール箱を受け取ると、車に戻ってさっそく開封。

 

 中から新品のiPodが出てきた。 そして、一緒に入っていた伝票を見る。

 

 “ハードディスクの破損がありましたので、新品に交換しときました。”

 

 そんな感じ。それ以上の説明もなし。 新しくなってピカピカだけど、ちょっと複雑。

 

 トラぶって新品になったけど、トラブらないならそのほうがいい。

 そして、サポセンに電話して以降の僕のモヤモヤは有耶無耶に。。。

 

 

 


 

  もし僕がサポセンに電話して有償サポートを受け入れていたら、この状況でお金は返ってくるのだろうか? 返ってきたとして、そのためにどれくらいのことをしなくちゃいけないのだろうか? 当然、「お客様、アップルIDは・・・?」と始まるだろうし。

 

 そういう電話をしたところで、アップルのサポセンは“タニグチ”なんて名前の人間はいない。 とか言い出さないだろうか?

 

 そんなことないだろうけど、そういう疑惑すら考えてしまう。 ゴメンなさいもなければ、手間をかけただけのフォローもない。 iPodが壊れて以降、どんなことがあったって関係ない。 預けていた期間、“修理状況” と称したものはこちらが理解出来ない 4文字の漢字を表示する。

 ただ保障期間だから本体が治っただけ。不信感というか、責任の割り切り方がすごいドライだよな。

 

 保障って、その通りなんだけど、やさしくないよ。

 いや!、こちらがやさしさ全開でバカ正直に手間を掛け過ぎなんだ・・・。

 

 やつらは、全国のiPodユーザー相手に、マニュアルを読み上げ、修理依頼に新品を送る動作を繰り返す機械なんだ・・・と理解して納得することにする。

 

 

 

 冷たい機械に感情を出したところで何もかえってこない。

 

  ・・・LINEOUT が付いてたのはホントうれしかった。

 

  おしまい。

posted by フラ at 17:56| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

iPod が壊れました。その3

iPod が壊れました。その1

iPod が壊れました。その2

 

 ・・・ということで、OSの入れなおし終わりました。 なんだかんだで3時間くらいかかっちゃいました。

 大事なものだけ退避させて、あらかたの物はPC上から消すか、よく使ってたプログラムは、最新のものを探してきて、再インスコです(それも、ガチンコが気になるので、とりあえずまっさらのものでうまくいってから順次確認しつつの予定で。)

 

 さて、まっさらなPCに、動作できるだけのものを入れて、iTunes&iPodユーティだけ入れて、再接続!!!

・・・

・・

 

 だめだ・・・・同じことだ。。。

 

 これでだめだと、もう僕の手には負えない。 もうそろそろサポセンに電話してもいいよね?、恥ずかしくないよね???(変なトコで周りを気にする男。)。

 

 さぁてとぉ、電話でもしてみよかなっっとぉ。(こういうときはやはり桂小枝風になってしまう。<オネガイシマース)

 

 ピッ、ポッ、パッ、っと。 (古・・・・

 プルプルプルプルプル・・・・・(くどい?

 ガチャ!

 

 「あ、もしもし桂小え・・・いや、えーっと、ぼくのiPodがうまく動かないんですけどー。」

 「はい、ではお客様、アップルIDはお持ちですか? お名前と・・・ 」

 

 

 始まった。。。どこでもサポセンっていうのはろくに用事も聞かずに、まず個人情報(wをさらけ出させようとする。 たとえ質問内容が 、「宇宙はどこまで続いているんですかぁ?」だとしても、関係ないらしい。 こういう部分から、人間同士の言葉のやり取りをしている気がうせて、こちらも横暴になってしまう。。。 結局、購入時に登録したはずの情報を伝えたのだが、それがどうも見つからないらしく新たに登録することになった。

 

 「・・・これでお客様の登録を完了いたしました。 で、今回は、どうされましたか?」

 

 

 数分ああだこうだして、やっと本題に入れた。 ここまでの経緯を含めて、的確に、そして簡潔に伝えなくてはいけない。

 サポセンってのは、だいたい他社製品との相性がどうとか、「それはあちゃら側に問題がありそうなので、あちゃらで聞いてください。」的な、たらい回しが常套句だ。 PCのトラブルでは、これまでさんざん嫌な思いをしてきたので、ここまで確認したことや、どう考えてもiPodがおかしいとしか思えないように理論武装済みの言葉を頭の裏側に用意し、たらい回しは未然に防ごうとする気持ちでいっぱいだ。

 

 そして、ゆっくりと語り始めるオレ様。

 

 

 「iPodをドックに挿しても認識せずにPCが固まっちゃうんですよねぇ。それでね、うまくいくこともあるの、たまに。 で、最初ぉ・・・・

 

 「ちょっと待ってください!」

 

 「!、(なにさ?まだなんかあるの???)」

 

 「お客様のiPodは、購入されてから180日以上経っております。 電話でのサポートは、ご購入180日以降は有料となりますがよろしいでしょうか?」

 

 

 なに?(ここまでの苦労は・・・そして、いろんなつっこみどこ満載な返事に、どこにむかついていいのかわからない。。。)

 しかし、ここで一つ大人になって落ち着くオレ。 「深呼吸をするとなぜか落ち着く」なんて新一がミギーに言っていたけど、僕も大きく息を吸いなおして落ち着いて話す。

 

 

 「えーと、サポートっていうか、壊れてるか壊れてないか知りたいだけなんですよ。 壊れてるんだったらサポートもなんもないじゃないです? 製品の不具合かもしれんわけだし、だったらお金は払えませんよ。」

 

 

 我ながら、大人な対応だ・・・。感情に走らず、言うべきことははっきりと言う。しかも簡潔で、筋も通っている。。。

 

 

 「では、電話では対応をお受けできません。」

 言い方はちょっと忘れたが、こんな感じでオレに負けずに大人な対応だ・・・。

 

 

 「えーっと、今手元に保証書があるんだけど、これって保障期間1年ってかいてあるよね? それでもダメなの? もちろん初歩的な使い方聞いてるわけでもないし、そちらが悪いのか、こちらが悪いのか知りたいだけなんですよ。 壊れてるかどうか確認できればそれで切るよ。それでも有料?」

 

 「はい。」

 

 

 電話しながらサポセンのページ見てたら、たしかに書いてある、180日。 しかし、めげずに交渉だ。 世の中には声が大きいだけで得することもある。 それに、明らかにこの対応はやさしくない。 初対面で電話だからなんだろうけど、面と向かってたら普通こういう言い方は出来ないだろ? 電気屋にPCもってっても起動するかどうか位はその場で症状確認してくれるぞ。

 

 

 「じゃ、PCがおかしいかもしれないし、使い方が悪いだけかもしれないのに何でもかんでもリペアセンターに送りつけちゃってもいいのかしら?」

 

 「しかし、お客さまのPCをお預かりして確認させてもらうわけにはいきませんので。」

 

 

 んー、なんだか意味がよくわからんが、なんならPC丸ごと送りつけてもいいんだぞモニター付きでな。。。 

 そして、なんかだんだん腹たってきた・・・・。 これ以上は理路整然と会話を続けられる気がしなくなってきたし、サポセンのやつもムキになってきたみたいなんで、相手にならんのが想像できたので投げ出すことにした。

 

 

 「了解、わかりましたわ。 んじゃ、壊れてるかどうかわからんけど、とりあえず何でもかんでも送りますわ。」

 

 「はい。 ただ・・・

 

 まだなにかあるのか、タ○グチ・・・(あ、いけね。仮称ね。

 

 「不具合がないようですと、そのまま送り返させてもらう形になりますが良いでしょうか?」

 

 ・・・って、ゴルァ!!」 (心ン中でね。

 

 ここまで、ID登録せいだのなんだで10数分。 お前は、人の話を聞いてないのかぁ? だからぁ、

 こ・わ・れ・て・る・か・知・り・た・い・の・は、こ・っ・ち!!

 

 ってさんざん言ってるでしょ? そして、なんでも送れって言いおったのはお前だって、タニグ○!

 サポセンのマニュアルに書いてあること読み上げてるだけなんだろうけど、そう言われて俺はなんて返事をしたらいいのさ??? もうちょっと会話のキャッチボールできんのかい!!!と。。。

 

 そして、はいはい。。。と、これ以上相手にすることはこちらの健康に差し障るのでおとなしく切ることにした。

 ID登録も新規でし、最終的には、短い時間で一晩飲み明かせるほど仲良くなった俺達なのに彼は、

 

 「修理受付はWebから・・・

 「住所はホームページに・・・

 

 ・・・と冷淡に僕に伝え、電話を切った。


 

 今回、恐ろしいほどのマニュアル通りの対応っていうのに直面したとしかいいようがないけど、話も聞かずにマニュアルしか読んでないやつは初めてだよ。

 そして、本体1年保障って、ろくなサポートもせずに修理費用だけ補償してどうするよアップル?! ついでに良いことを教えてやると、どうせなら180日で本体保障もやめちゃえよ! そのほうがわかりやすいぞ!!!  

 

 そして、アップルという会社の恐ろしいほどのドライさというか、

 「製品だけ良ければ客は付いてくる。」

 的な部分に触れてしまったようで、このままアップルの勢力が上がっていくの恐ろしくなりました。。。

 

 

 

 さて、iPod 梱包します・・・。

 もうちょっとだけ続く・・・。(ひでさんすいません。。。)

posted by フラ at 18:53| 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

iPod が壊れました。その2

iPod が壊れました。その1

 さて、そんなセオリー通り、順番に原因つぶし開始です。 とりあえずハード的な故障と決め付けず、ソフト部分から疑ってみることに。 林檎本家のトラブルシューティングで同じ症状がないか見に行ってみました。 

 「・・・。」 

 同じような症例あったけど、ん?。

 これはひどい・・・。明らかにバカ翻訳だ。今までそんなに気になったことはなかったけど、深い階層だから手抜きでごまかしてるのか? それともドザ相手にはやってられん・・・ってことか? ちょっとバカにしすぎ。 アジアから輸入してきたバカ誤植とまでは言わないけど、訳しにくい部分なんかは英語版Windowsの文字列そのままで、いったいどこの場所の何をさしてるのかさっぱりわからない。。。

 なんとかそれを読み取ったり想像しながらいくつかのことを試してみることにする。

 ふむふむ・・・

 トラブルシューティングには、“iPodをリセットすると直る” ことはいろいろ多いみたいなことが書いてある。 おまけに、「リセットすれば治ることが多いので、簡単にカスタマーサービスに送り付けないでね。」 みたいな注意事項といおうかお願いまで。 何でもかんでも送りつけるヤカラは多いんだろうなぁ・・・かわいそうに。。。と想像してみる。

 

 そして、リセットしてみたり・・・、そうでもないこともトラブルシューティング見ながら、色々やって試してみた。

 だけど、だめだった。

 ・・・

 ・・・

 ・・・

 「となれば、ソフトそのものが悪いんじゃないか?」

 

 

 僕は、簡単にはめげません。トラブルは慣れてますから。もう根気ついちゃってます。w 

 

 そして、iPodユーティリティ と iTunes を入れなおす。

 もちろん、最新版のほうがいいだろうと思って、iTunes の最新版をネットから落としてきて先に入れたら、「ユーティリティのバージョンが古くて入りません!」っていってきやがった。 仕方なくiTunes再再度入れなおし。 んー、だんだんむかついてきた。。。

 

 ・・・数十分後。

 

 無事にソフトウェアを全て入れなおし、さらにバージョンも最新の状態にまでして再びドック接続!

 

 やっぱだめだ。。。

 ・・・

 ・・・

 ・・・

 「もしかして、ウインドウズの何かがおかしいの?

 

 えーい!こうなったらやけっぱちでぃ!。 OS入れなおしたるっ!!!

 めげずに・・・つづく

posted by フラ at 16:29| 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

iPod が壊れました。その1

 

 久々の更新よろしく、壊れたのも少し前の話なんだけど。。。

 

 

 その日も家に帰り、いつもやっているようにPCを立ち上げ、iPodをドックインさせた。

 すると、更新が始まらない・・・。 いや、この状況は、なんか考えこんじゃってPC自体がフリーズしている・・・。

 こんな場合、たいていあわてちゃいけない。 PCのトラブルであわててなにかをするとだいたいろくなことがないものだ。 しばらく待ってみるが、性格上じっと待つことに向いていないのでそういう場合は他の何かをはじめてみたりする。 今回はとりあえず、溜まった洗い物と、猫にご飯だ。

 ・・・10分

 なにも起こらず。 あきらかにおかしい。が、前出の通り念には念を入れ、今度は自分にご飯を与えてみる。

 準備も含めて20分くらい後・・・

 「を!更新始まってる!」

 ・・・あれ?やっぱ、おかしい。 更新が途中で止まる。 しかも他の事をするにも異常に重い。 CPUメーターも振り切りで、ファンも全開出回っている。。。

 

 「・・・。」(この間、数条秒。)

 まったく途方にくれた。

 

 そして、強制終了させ、iPodを抜くとPCも息を吹き返したようにサクサク動き出す。 ちなみに、こんなことを3回もやった。

 

 PCに絡むトラブルって難しい。

 一つの会社のパッケージされた製品のみのトラブルなら簡単だけど、たいていが何かと何かを組み合わせたときに起こるのだ。 PCにソフトをインスコする、ハードを増設する、PCをネットに繋ぐ。 これまであったトラブルはどれもそうだ。

 そこで学んだこと。

 

 「PCのトラブルの解決方法は、あくまで消去法。」 (モウコリゴリデスガ・・・)

 

 結局、原因が何かわからなくっても、うまく走ってくれればいいのだ。サポセンの対応にしろ、上級者はそういうモノの見方をする。 悪い言い方をすれば、誰も全てを理解しきってないのだ。 「まぁ、そりゃそうだわな。」 と、納得もするのだが。

 

 苦難は続く。

 

posted by フラ at 09:33| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | iPodがこわれました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする